アトピーの原因としては、大きく分けると以下の2つです。 ・体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう) ・環境 アレルギーを起こしやすい体質の場合、異物に対して過剰に体が反応してしまい、アトピーを引き起こします。 これは生まれ持ったものなので、なかなか改善することができません。 ただ、アレルギーを起こしやすい体質でもアトピーにならないこともあるので、あくまでもリスクが高まるという解釈をしてください。 そして、乾燥肌体質の人もアトピーになりやすいです。 乾燥肌だとバリア機能が弱いので、アレルギーを起こす原因物質「アレルゲン(アレルギーの原因となる物質のことで、人によっても畭なるでしょう)」が侵入しやすく、アトピーの発症リスクが高いといわれています。 もし、そこで掻いてしまうと、さらにバリア機能が弱まってしまって、余計にアトピーの症状が悪化するでしょう。 それに、環境によりアトピーを発症する事も多く、その原因となるのが食べ物やダニです。 特に、卵や牛乳(人によっては、飲むことでお腹を壊してしまうケースもあります)、小麦はアレルギーを起こしやすい食べ物だといわれています。 また、過度なストレスもアトピーを発症させたり、悪化させる原因ですー